Tsukuba CCS-RIKEN Joint Workshop on microscopic theories of nuclear structure and dynamics (2016.12.12-16)

The First Tsukuba-CCS-RIKEN joint workshop on “Microscopic theories of nuclear structure and dynamics” will be held at the RIKEN Nishina Center, Wako, Japan, on December 12-13, 2016, and the Center for Computational Sciences, University of Tsukuba, Tsukuba, Japan, December 14-16, 2016.

Many recent developments in nuclear structure theory are driven by experimental data on exotic nuclei from radioactive ion beam facilities, and by high performance computing. The challenge for microscopic theories of nuclear structure and dynamics is the development of a coherent theoretical framework applicable to many new phenomena at the limits of large isospin and weak binding. To this end, novel computational techniques, applicable to pre-exascale computer systems, enable quantified predictions.

The joint workshop will be held at two sites. At the RIKEN Nishina Center, the discussion will be focused on topics related to the recent and planned experiments at RIBF with the purpose of accelerating the collaboration between experiment and theory. At the Center for Computational Sciences, University of Tsukuba, the workshop will focus on theoretical techniques, especially nuclear density functional theory and its extensions, as well as related computational methods.

Dates and Venues
December 12 – 13, 2016, RIKEN Nishina Center
December 14 – 16, 2016, Center for Computational Sciences, University of Tsukuba
Organizers
Y. Hashimoto (Univ. of Tsukuba)
N. Hinohara (Univ. of Tsukuba, Chair)
H. Liang (RIKEN, co-chair)
T. Nakatsukasa (Univ. of Tsukuba)
W. Nazarewicz (MSU)
T. Uesaka (RIKEN)
K. Yabana (Univ. of Tsukuba)

新メンバー:Scampsさん

計算科学研究センター原子核物理研究部門の研究員としてGuillaume Scampsさんが研究室のメンバーに加わりました。

中務さん、日野原さんの論文がPaper of the weekに

中務さんと日野原さんの共著による以下の論文がイギリス物理学会(IOP)のPhysical Scriptaに掲載され、Editorial & News で Paper of the Week のハイライトに選ばれました。

Kenichi MatsuyanagiMasayuki MatsuoTakashi NakatsukasaKenichi YoshidaNobuo Hinohara and Koichi Sato, “Microscopic derivation of the Bohr–Mottelson collective Hamiltonian and its application to quadrupole shape dynamics”, Physica Scripta 91, 063014 (2016).

プレスリリース(共同研究:チューリッヒ工科大学、東京大学)

矢花さんと佐藤さんは、チューリッヒ工科大学の超高速レーザー物理グループと東京大学大学院工学系研究科附属光量子科学研究センターとの共同研究により、パルス光を誘電体に照射するとき、光の周期よりも短い時間で誘電体の光学的性質が変化することを示し、プレスリリースを行いました。

つくば不安定核セミナー開催(2016.10.7)

2016年10月7日(金)に以下の内容で第37回つくば不安定核セミナーを開催します。詳細(PDF)。

講師:下浦 享(東京大学 原子核科学研究センター)
日時:10月7日(金)、16:00~
場所:筑波大学自然系学系B棟114
講演題目:RIビームによる核応答と核反応
概要:多様な不安定核をRIビームとして生成することが可能となり、核図表の広い領域にわたる原子核 構造の研究が飛躍的に進んできている。一方、不安定核がもつ安定核とは異なる性質(内部エネ ルギー、アイソスピン、スピン、パリティ、一粒子配位など)を利用した核反応により、これまで不可能 であった運動学的条件や位相空間における原子核応答や原子核反応の研究が可能となっている。 不安定核が持つ大きな内部エネルギーを利用した発熱型荷電交換反応による核応答研究のいく つかと、この手法を用いたテトラ中性子研究を紹介する。 また、RIBFで生成される大強度の高速RIビームを効率よく減速するプロジェクト(OEDOプロジェクト)を紹介し、それを用いた、不安定核による移行反応、融合反応の研究展開について議論する。

また、このセミナーに先立ち、講師の下浦氏による核応答・核反応に関する講義を行います。

日時:10月7日(金) 10:30ー12:00、13:30ー15:00
場所:筑波大学自然系学系B棟118(セミナー会場の向かい)
対象:学部・修士以上。

セミナー(Sandulescu氏)日程変更(2016.7.27)

7月25日に予定していたSandulescu氏によるセミナーは、日程が変更されました。新しい日程は以下の通りです。

Date/Time: July 27 (Wed), 15:00-
Place: Institute of Natural Sciences B602 (自B602)

セミナー(2016.7.29):祖谷 元氏 (国立天文台理論部)

7月29日(金)に、国立天文台の祖谷氏による以下のセミナーを開催します。

Date/Time: 15:00-, July 29, 2016
Place: B602, Institute for Natural Science B (自然学系B棟)
Title:Crustal oscillations in neutron stars and equation of state (中性子星クラスト振動と状態方程式)
概要:超新星爆発後に残される中性子星という天体内部の密度は原子核飽和密度を超える高密度状態になっている。そのため、未だ中性子星物質を表す状態方程式には不確定性が多く、中性子星の構造に関する詳細も未知な部分が多い。地球における実験で得られる情報は、原子核の飽和性から飽和密度付近の情報である一方、中性子星においてクラストの内縁がおよそ飽和密度となるため、中性子星クラスト領域における現象は原子核飽和パラメータに強く依存していると考えられる。そこで、我々は飽和パラメータや星の質量や半径を系統的に変えながら、中性子星クラストにおけるズレ振動の解析を行った。特に、巨大フレア現象に伴う準周期的振動は中性子星の振動に強く関連すると考えられている。ここではこの準周期的振動をクラスト振動と同定した場合に得られる飽和パラメータへの制限について議論する。

セミナー(2016.7.15):富樫 甫氏 (理研・仁科センター)

7月15日に、理化学研究所の富樫氏による以下のセミナーを開催します。

Date/Time: 14:30-, July 15, 2016
Place: B602, Institute for Natural Science B (自然学系B棟)
Title: Nuclear equation of state for neutron stars and core-collapse supernovae with the variational method
Abstract:
The equation of state (EOS) for dense nuclear matter is an essential ingredient for understanding the properties of neutron stars and core-collapse supernovae (SNe). Though the structure of neutron stars has been studied with various nuclear theories, the number of nuclear EOSs available for SN simulations is limited. Furthermore, those SN-EOSs are based on phenomenological models for uniform nuclear matter. Therefore, we have constructed a new type of SN-EOS based on the realistic nuclear Hamiltonian composed of the Argonne v18 two-body potential and Urbana IX three-body potential using the variational many-body theory. In this talk, we will discuss the properties of our SN-EOS and its application to numerical simulations of core-collapse SNe. Furthermore, we will report on an extension of our variational approach so as to treat hyperon mixing.

セミナー(2016.7.25):Nicolae Sandulescu氏 (NIPNE)

7月25日(月)13:30より、Sandulescu氏(National Institute of Physics and Nuclear Engineering, ルーマニア)による以下のセミナーを筑波大において開催します。

Date: July 25th (Mon), 13:30-
Place: B602, Institute of Natural Sciences (自B602)
Lecturer: Nicolae Sandulescu (National Institute of Physics and Nuclear Engineering, Bucharest, Romania)
Title: Proton-neutron pairing and quartet correlations in nuclei
Abstract: The common treatment of proton-neutron pairing in N≅Z nuclei relies on Cooper pairs and mean-field BCS-type models. However, for any spin-singlet (S=0) and spin-triplet (S=1) pairing interactions the ground state of N=Z nuclei is accurately described not by Cooper pairs but in terms of quartets [1-3]. Moreover, quartets remain relevant degrees of freedom for more general two-body interactions than pairing, indicating that quartetting is in fact a general feature in N=Z nuclei [4]. Using a formalism of quartets, I will discuss the competition between T=0 and T=1 pairing in N=Z nuclei [1-3], the effect of proton-neutron pairing on Wigner energy [5] and the role of isoscalar spin-aligned pairs in 92Pd [6] .

[1] N. Sandulescu, D. Negrea, D. Gambacurta, Phys. Lett. B751 348 (2015)
[2] M. Sambataro, N. Sandulescu, C.W. Johnson, Phys. Lett. B770,137 (2015)
[3] M. Sambataro and N. Sandulescu, Phys. Rev. C93, 054320 (2016)
[4] M. Sambataro and N. Sandulescu, Phys. Rev. Lett. 115, 112501 (2015)
[5] D. Negrea and N. Sandulescu, Phys. Rev. C90, 024322 (2014)
[6] M. Sambataro and N. Sandulescu, Phys. Rev. C91, 064318 (2015)

関澤さん、矢花さんの論文がEditors’ suggestionに

関澤さんと矢花さんの共著による以下の論文がアメリカ物理学会のPhysical Review Cに掲載され、Editors’ suggestionのハイライトに選ばれました。

K. Sekizawa and K. Yabana, “Time-dependent Hartree-Fock calculations for multinucleon transfer and quasifission processes in the 64Ni+238U reaction”, Phys. Rev. C 93, 054616 (2016)