集中講義 (2017.11.6-8):Andrea Vitturi氏(Padova大)

今年度、イタリア・パドバ大学のAndrea Vitturi氏による集中講義を筑波大学・計算科学研究センターにおいて予定しています。


Lecturer: Prof. Andrea Vitturi (University of Padova)
Title: Interplay of nuclear structure and reaction mechanism in the description of heavy-ion collisions
Date/Time: November 6-8, 2017; 10:00 – 17:00
Place: Conference Room A, Center for Computational Sciences, University of Tsukuba
Abstract: I will discuss the main features of direct reactions induced by heavy ions, with particular focus on nuclear structure inputs (and outputs).  Heavy-ion reactions offer a large variety of final channels (elastic, inelastic, transfer, break-up, fusion, knock-out, charge-exchange, etc) that, coupled to a proper choice of the kinematical conditions as scattering angle or bombarding energy, can single-out specific aspects and properties (static and dynamic) of the nuclear systems. In addition, the usual scenario gets novel features in the case of reactions involving weakly bound nuclei.  In fact, the peculiar extension of the nuclear density and the close vicinity of the continuum threshold require novel formalisms for the description of the reaction mechanisms, in parallel with the necessity of revising current structure models.
A list of arguments is as follows:
  1. Basics in heavy-ion reactions. Semi-classical approximation and coupled-channels
  2. Elastic scattering. Optical model. The case of weakly bound nuclei
  3. Coulomb excitation. One-step and multistep reactions.
  4. Nuclear inelastic excitations. Single-particle and collective excitations. Excitation of giant resonances
  5. Dipole excitations with isoscalar and isovector probes. GDR and PDR
  6. Breakup reactions and continuum discretization
  7. Interplay of different channels: reactions in one dimension as toy model
  8. Subbarrier fusion. Coupling to internal degrees of freedom.  The case of weakly bound nuclei.
  9. Algebraic approaches (IBM, IBMF, …..). Discrete symmetries and alpha clustering
  10. Phase transitions and critical point symmetries in even and odd nuclei
  11. Two-particle transfer
  12. Two-particle transfer (cont). Giant pairing vibration. Competition of T=0 and T=1 pairs.

 

RIBF Users Group Thesis Award 2017 (関澤さん)

当研究室の出身者である関澤一之さんが、RIBF Users Group Thesis Award 2017を受賞することが決定しました。関澤さんは2015年に博士(理学)の学位を筑波大で取得し、現在はワルシャワ工科大で活躍されています。

RIBF Users Group Thesis awards は、RIBFに関連する実験・理論の研究によって博士号を取得した人で、特に大きな成果をあげた若手研究者に授与されます。

つくば不安定核セミナー開催(2017.7.26)

第39回つくば不安定核セミナーを以下のように開催します。また、このセミナーに先立って、上記と同じ場所で、13:00-14:00、14:30-15:30の予定で、渡邊先生に「崩壊核分光法による核構造研究」についての講義をして頂きます。

講師:渡邉 寛(北京航空航天大学)
日時:2017年7月26日(水) 16:00 ~
場所:筑波大学 総合研究B棟1階 B112講義室
概要:Rare-earth (RE) isotopes in the vicinity of the double mid-shell at Z = 66 and N = 104 are exemplary cases of well-deformed nuclei in which the energy levels are characterized by collective rotations and surface vibrations, as well as by quasi-particle excitations. The presence of these excitation modes within a narrow range of energy causes interplay among them to a greater or lesser extent, giving rise to a rich variety of structural aspects in deformed nuclei. Besides their importance for nuclear structure study, the decay and deformation properties of neutron-rich RE isotopes are suggested to play a crucial role in the formation of the so-called RE-element peak around A = 165 in the r-process solar abundance distribution.
Despite such a broad range of interest, spectroscopic information still remains scarce due to the experi- mental difficulties in producing neutron-rich nuclei around and beyond the double mid-shell. The advent of the third-generation in-flight fragment separator facility, the RI-Beam Factory (RIBF) at RIKEN, enables access to this exotic area and allows for systematic studies of their decay properties [1]. In this seminar, I will present the results of β-decay half-lives [2] and β-γ/isomeric-decay spectroscopy [3] of neutron-rich RE isotopes obtained as part of the EURICA (EUROBALL-RIKEN Cluster Array) project at RIBF, along with a discussion about their impact on nuclear structure and nuclear astrophysics.
[1] T. Nakamura, H. Sakurai, and H. Watanabe, Prog. Part. Nucl. Phys. (in press). [2] J. Wu et al., Phys. Rev. Lett. 118, 072701 (2017).
[3] H. Watanabe et al., Phys. Lett. B 760, 641 (2016).
*The presentation file is written in English, but the talk will be given in Japanese.

China-Japan collaboration workshop on “Nuclear mass and life for unravelling mysteries of r-process”

日本学術振興会と中国・NSFCとの間の二国間協力事業として共同研究「rプロセスの謎解明に向けた核質量と寿命の研究」(日本側代表:中務(筑波大)、中国側代表:S.G.Zhou (CAS-ITP))が平成29年度よりスタートしました。本プロジェクトの開始を記念して、以下の日程で筑波大学・計算科学研究センターにおいてワークショップを開催します。

日程:2017年6月26日(月)ー28日(水)
場所:筑波大学計算科学研究センター1F 会議室A
組織委員:中務孝、小沢顕、日野原伸生(筑波大)

セミナー(2017.4.24):Piotr Magierski氏 (ワルシャワ工科大学)

2017年4月24日(月)にワルシャワ工科大のPiotr Magierski氏による以下のセミナーを開催いたします。また、同時に来日滞在するGabriel Wlazlowski氏によるよりテクニカルな議論も予定しております。

Title: Towards exascale simulations of quantum superfluids far from equilibrium
Lecturer: Piotr Magierski (Warsaw Institute of Technology)
Place/Time: Conference Room D, Center for Computational Sciences 2F / 13:45 pm

Abstract: Superfluidity is a generic feature of various quantum systems at low temperatures. It has been experimentally confirmed in many condensed matter systems, in 3He and 4He liquids, in nuclear systems including nuclei and neutron stars, in both fermionic and bosonic cold atoms in traps, and it is also predicted to show up in dense quark matter. The time dependent density functional theory (TDDFT) is, to date, the only microscopic method which allow to investigate fermionic superfluidity far from equilibrium. The local version of TDDFT is particularly well suited for leadership class computers of hybrid (CPU+GPU) architecture. Using the most powerful supercomputers we are currently able to study a real-time 3D dynamics without any symmetry restrictions evolving up to hundred of thousands of superfluid fermions. It represents a true qualitative leap in quantum simulations of nonequilibrium systems, allowing to make quantitative predictions and to reach limits inaccessible in laboratories. During the talk I will review several applications and results concerning nuclear induced fission and collisions, dynamics of nuclear matter in neutron stars, dynamics of topological excitations in ultracold atomic clouds and prospects to produce a quantum turbulent flow.

PDF

柏葉さん修士(理学)

柏葉さんが修士(理学)を取得しました。4月から博士後期課程へ進学します。

研究室引っ越し(2017.3.9)

2017年3月9日、筑波大学原子核理論研究室は、自然系学系B棟4階から、計算科学研究センターの2階へ移りました。詳しくは交通アクセスをご覧ください。

つくば不安定核セミナー開催(2017.3.7)

2017年3月7日(火)に以下の内容で第38回つくば不安定核セミナーを開催します。詳細(PDF)。

講師:宇都野 穰(日本原子力研究開発機構・先端基礎研究センター)
日時:3月7日(金)、16:00~
場所:筑波大学自然系学系B棟118
講演題目:二核子配位のガモフテラー遷移で探る陽子中性子対相関の性質
概要:陽子・中性子間の引力は平均的には同種粒子間の引力よりも強いため、 陽子・中性子対凝縮が起こると期待されるものの、実験的にはその明確な 証拠はないとされている。何らかの対凝縮を妨げる メカニズムがあると考 えられるが、はっきりとしていない。この講演では、「クーパー対」に対応す る二核子配位を詳しく調べ、そこから波動関数及び相互作用行列要素の符号に関して新しく得られた知見について報告する。
 LS 閉殻の上に二個の核子が存在する原子核、つまり質量数 6, 18, 42 の原子核については、最も 低い (J, T ) = (0, 1) から (1, 0) 状態間に非常に強くガモフテラー遷移することが最近の藤田らの実験 などによって知られている。この性質は、アイソスカラー対ハミルトニアンではバレンス殻および一 粒子エネルギーによらない普遍的なものであると証明することができ、同様なことが二空孔配位でも起こる。しかし、実際は、14C が極めて長寿命であることから知られているように、二空孔配位で はそうなっていない。その原因は、実際の (J, T ) = (1, 0) 相互作用行列要素の符号の一部がアイソスカラー対ハミルトニアンとは異なっており、その結果、アイソスカラー対を構成する基底波動関数の符号が一意に定まらないからとわかった。これは、アイソベクター対とは大きく異なる性質で、対凝縮を妨げる一つの要因となりうる。
また、このセミナーに先立ち、講師の宇都野氏による核応答・核反応に関する講義を行います。
日時:3月7日(火) 13:00ー14:00、14:30ー15:30
場所:筑波大学自然系学系B棟118
対象:学部・修士以上。

新メンバー:Wangさん

計算科学研究センター原子核物理研究部門の特別研究学生として王之恒(Zhiheng Wang)さんが研究室のメンバーに加わりました。

中務さん、矢花さんの論文がアメリカ物理学会Review of Modern Physicsに出版されました。

レビュー論文「Time-dependent density-functional description of nuclear dynamics」がReview of Modern Physicsに出版されました。

T. Nakatsukasa, K. Matsuyanagi, M. Matsuo, K. Yabana, Rev. Mod. Phys. 88, 045004 (2016).