セミナー・文献紹介(2020年度)

FY2012 | FY2013 | FY2014 | FY2015 | FY2016 | FY2017 | FY2018 | FY2019 |

日程・時間   Date/Time

金曜13:45−  (Friday, 13:45-)

場所   Place

計算科学研究センター会議室B (1階)
Meeting Room B, Center for Computational Sciences 1F

参加者    Participants

矢花、中務、橋本、日野原、佐藤、温*、柏葉、阿部、杉浦、尾﨑、小澤、土田
(Yabana, Nakatsukasa, Hashimoto, Hinohara, Sato, Wen*, Kashiwaba, Abe, Sugiura, Ozaki, Ozawa, Tsuchida)
*:セミナー係 (Seminar organizer)

2020.5.8

矢花 一浩 氏 Kazuhiro Yabana

超短パルス光と物質の相互作用と第一原理計算

2020.5.22

中務 孝 氏 Takashi Nakatsukasa

中性子星内殻シミュレーションとパルサー・グリッジ

2020.6.5

橋本 幸男 氏 Yukio Hashimoto

Gogny-(TD)HFBでHg180←→Zr90+Zr90などの計算について

2020.6.12

日野原 伸生 氏 Nobuo Hinohara

原子核対相関・対凝縮

2020.6.19

佐藤 駿丞 氏 Shunsuke Sato

時間分解分光で見る励起子の二面性:バルク的性質と原始的性質

2020.6.26

Wen kai 氏

Adiabatic Self-consistent Collective Coordinate (ASCC) method applying to Hartree-Fock Bogoliubov states

2020.7.3

阿部 克 氏 Suguru Abe

Exact Solution Of The Pairing Problem In The LST Scheme

2020.7.10

杉浦 大航 氏 Hirokazu Sugiura

High Harmonic Generation (HHG)

2020.7.31

尾崎 翔太 氏 Shota Ozaki

弦理論のLorentzチャージの交換関係による次元決定

小澤 泰河 氏 Taiga Ozawa

重力逆二乗則の検証に関するレビュー

2020.10.16

矢花 一浩 氏 Kazuhiro Yabana

薄膜からの高次高調波発生の理論的記述

2020.11.6

中務 孝 氏 Takashi Nakatsukasa

ニュートラルネットワークと機械学習の初歩・実習

2020.11.13

丸山 敏毅 氏 Toshiki Maruyama

Molecular Dynamics Approach For a System of Quarks, Beryons, etc.

2020.11.20

Simin Wang 氏

Study of the two-proton radioactivity

2020.12.11

Chengjun Xia 氏

Nuclear pasta structures and symmetry energy

2020.12.18

橋本 幸男 氏 Yukio Hashimoto

A trial calculations of DCTDHFB in C12 +O20 head-on collision reaction

2021.1.8

日野原 伸生 氏 Nobuo Hinohara

密度汎関数法による原子核電荷分布の計算

2021.1.22

Wen Kai 氏

Adiabatic Self-consistent Collective Coordinate (ASCC) method applied to Hartree-Fock-Bogoliubov (HFB) states

2021.1.29

土田 真大 氏 Mao Tsuchida

中性子星加熱における量子トンネル効果の理論的解析

2021.2.9

阿部 克 氏 Suguru Abe

ベータ崩壊強度におけるp-n対相関の強度

2021.2.12

杉浦 大航 氏 Hirokazu Sugiura

1次元周期ポテンシャル模型による高次高調波発生の分析

2021.2.26

尾崎 翔太 氏 Shota Ozaki

クォークの分子動力学による原子核衝突のシミュレーション